<< あの『俺妹』がトレカに! 電撃文庫×KO | main | ワンピース 海賊無双』のPV第1弾、テレ >>

スポンサーサイト

0
    • 2016.03.08 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    みんなModで大きくなった――Modで就

    0
      豪華特典が付いたシリーズ10作目が発売 初音ミクを始めとするVOCALOID(ボーカロイド)のコンピレーションアルバム「EXIT TUNES PRESENTS Vocaloconnection feat.初音ミク」が、2012年8月1日にリリースされた. 価格は2000円[税込]. EXIT TUNESのVOCALOIDコンピレーションシリーズは、VOCALOID関連のアルバムの中で唯一オリコン1位を獲得したことのあるシリーズ. 10作目となる「EXIT TUNES PRESENTS Vocaloconnection feat.初音ミク」のジャケットは、人気イラストレーターの左氏の描き下ろし. 封入特典や、店舗別特典なども充実している. トラックリスト 1.イカサマライフゲイム/kemu feat.GUMI 2.「Crazy ∞ nighT」/ひとしずく×やま△ feat.初音ミク、鏡音リン・レン、巡音ルカ、KAITO、MEIKO、GUMI、神威がくぽ 3.セツナトリップ/Last Note. feat.GUMI 4.こちら、幸福安心委員会です. /うたたP feat.初音ミク 5.ハートブレイク・ヘッドライン/40mP feat.GUMI 6.六兆年と一夜物語/kemu feat.IA 7.Black Board/蝶々P feat.初音ミク 8.恋愛勇者/Last Note. feat.GUMI 9.0→∞への跳動(from 初音ミクの消失 小説版)/cosMo@暴走P feat.初音ミク 10.moon/iroha(sasaki)feat.初音ミク 11.マジカル☆ぬこレンレン/オワタP feat.鏡音レン 12.のろいのめか゛ね ~ stray girl in her lenses/ぶっちぎりP feat.鏡音リン 13.DIVERSITY/yanagi feat.KAITO 14.魔女ザルムホーファーの逃亡/mothy_悪ノP feat.MEIKO 15.再教育/Neru feat.鏡音リン、鏡音レン 16.見世物ライフ/otetsu × 164 × 蝶々P feat.巡音ルカ 17.風待ちハローワールド/add9(ヘリP) feat.初音ミク 18.bitter/keeno feat.初音ミク 豪華特典の数々. 数量限定品もあるので、欲しい人はお早めに. 販売店別の特典も多数用意されている. 本アルバムの公式サイトでは、スペシャルゲーム『ボカロコネクションスタックス』をプレイすることができる. (C)Crypton Future Media, Inc. rolbesanpilg.jugem.jp (C)INTERNET Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED (C)1st PLACE Co.,Ltd. ファンが愛するスタジオに就職する裏道 アメリカのテキサス州ダラスで行われた、id Softwareのファンイベント"QuakeCon 2012". そこで行われた講演から、"Celebrating id Modding"と題されたディスカッションの模様をお届けする. Modとは、あるゲームを土台にファンが作るさまざまなコンテンツのこと. あるものは追加マップだったり、高解像度化したテクスチャーだったり、もう全然別のゲームになっていることもある. 基本的には非公認でリリースされるものだが、『 カウンターストライク 』(元は『 ハーフライフ 』のMod)のように、公式に認められてリリースまで行くものも. id Softwareは『 Doom 』や『 Quake 』といったFPS(一人称視点シューティング)の礎を築いたモンスタータイトルをリリースしてきたが、この頃のFPSはつねにModとともにあり、じつに多くのModがリリースされ、また有名Modの製作者たちがヘッドハントされていった. このディスカッションに出席した3人のクリエイター、id Softwareのジョナサン・ライト氏、『 Bioshock 』シリーズのレベルデザイナーなどを務め、現在はDouble Fineでロン・ギルバート氏の新作『 Cave 』に関わっているJP・レブレトン氏、Pandemic Studiosに在籍したのち自身のスタジオを立ち上げたブレンドン・チャン氏は、いずれもid Softwareの『 DOOM 』や『 Quake 』などのMod制作からゲーム業界に入った人々だ. ブレンドン・チャン氏(Brendo Games) JP・レブレトン氏(Double Fine) ジョナサン・ライト氏(id Software) たとえば、ジョナサン・ライト氏は『 Quake 』のデスマッチ用bot(AI操作の敵)制作が縁で、『 Quake 』のメインクリエイターであるジョン・ロメロ氏が率いるIon Stormに入社している. ある日、ほかでもないジョン・ロメロ氏から電話がかかってきて、AIプログラマーを探していると言われたライト氏は、即座に「今トラックに荷物を積んでいる」(スタジオがあるダラスに引っ越すという意味)と答えたそうだ. 同氏は大学でコンピューター・サイエンスを勉強しており、だからこそMod用にAIを組むことができたわけだが、自分がジョン・ロメロ氏の目に止まり、業界に入ることが出来たのはModのおかげだと語る. JP・レブレトン氏も、「業界にはいったきっかけは完全にmodだ」と当時を振り返った. プロが使うエディターやツールであれこれと試行錯誤し、何がおもしろいのか追求していく作業は、質の高低こそあれ、傍目にはレベルデザイナー(マップなどを作り込む職)と変わらず、この上ない修行なのだ. ちなみにレブレトン氏は、『 Bioshock 』で自身が手掛けたマップ(Arcadia)を、『 Doom2 』でdemake(最新スタイルにするリメイクの逆. オールドスタイルに作り変える)している. 同様にブレンドン・チャン氏は、Mod制作を通じて、限界のある中で何かを作ること、その限界をどう生かすかを学んだという. まずはゲームエンジンに負荷をかけてでもアイデアを実現してみるというMod的な方法について、Pandemic Studiosでは「普通じゃない」と言われてしまったそうだが、『 Atom Zombie Smashers 』、『 Flotilla 』といった味わい深いインディーゲームを開発するにあたり、Mod制作経験で培った、固定観念に囚われずにジャンルを超越していく発想力が役に立っているという. では現在をどう見ているのか? ツールを同梱したタイトルが少なくなりつつある中、『 ザ エルダースクロールズ V: スカイリム 』などがエディターを出し、Steam Workshopに対応することでModの流通化が活性化されていることや、『 DayZ 』(ミリタリーFPS『 Arma2 』のMod)などがヒットし『 Arma2 』自体の売上も牽引していること、そもそもUnreal Development Kitなどでプロと同じツールを使ってゲームを作りやすくなっていること自体などに好意的な意見が出ていた. 一方、JP・レブレトン氏は現在の状況を評価しつつも、Modツールをリリースするのは検証や法務などとの社内調整も含めて別の製品を作るのと同じぐらいの負担であると指摘. また「ポルノはまずい」とリスクについて触れた. 確かにオリジナル版に何も問題はなくとも、たとえばエロModが現在以上にヒットした場合、ゲームを糾弾したくてたまらない人の目に止まることもあるだろう. 本質的には無視していいが、それでやり過ごせるだろうか? クリエイター陣は「関係ねぇからほっとけ」と思うかもしれないが、ピリピリ来ているスーツを着た法務を説得するのは大変だ. Modにはいろんなものがある. マップだけでも、『Doom2』のエディターで再現する『Bioshock』、『Doom』用のバレーボールコート、自分の高校... . もうひとつ、コンソール(家庭用ゲーム機)との対比もひとつのトピックになっていた. 家庭用ゲーム機でModが導入されるだろうかという質問に対して、レブレトン氏は、きちんと承認したものを配信し、クオリティーを保証するという家庭用ゲーム機のビジネスモデルはすぐに変わらないだろうとしつつも、PCにはない簡易さ、市場があるため、将来的には導入したほうがいいのではないかとコメント. ジョナサン・ライト氏は、それぞれが別の特性を持っているのがいいのであり、別の市場として存在し続けるだろうという考え. 「コンソールの容易さはPCには太刀打ちできない」と語る. ドライバーの問題やβリリースの不安定性に悩まされず、ハードにソフトをセットして起動すれば基本的に問題なく遊べるというのが強みであり、それを崩すことはないだろうとの考えを示した. ブレンドン・チャン氏がエンジンの限界を超えてアイデアを試していたことを思い出して欲しい. Modは時に製品としての安定性を気にしないからこそクリエイティビティを追求できることもあるのだ. そのほか、ジョナサン・ライト氏からは、「今はまだ具体的ではないので何も言えないが」としつつも、id Software社内でModへの興味がふたたび高まっているとのコメントも. 実に興味深い. id Tech5のメガテクスチャーを扱えるMod製作者がどれだけいるのかわからないが、もし実現するとなればバギーレース以上に面白いものになるに違いない.

      スポンサーサイト

      0
        • 2016.03.08 Tuesday
        • -
        • 05:36
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << September 2018 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        recommend
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM